ホーム > ブログ > randy rhoads ギター

ミュージックマンすべて

ギターボディ仕上げすべて

日本ミュージックマンすべて

カスタムモデルすべて

スタイルすべて

左手利き用ギターすべて

randy rhoads ギター

ここから、randy rhoadsについて書く事にする。暫く、randy rhoadsが使ったギターはrandy rhoads ギターといいます

randy rhoadsは1956年12月6日の生まれで、幼い頃から母の経営する音楽学校でレッスン を受けていた。その後、17歳の時に“クワイエット・ライオット”を結成して、1978 年には『静かなる暴動』でレコード・デビューするが、これは日本のみの発売であっ た。当時、クワイエット・ライオットは地元LAのクラブで活動していたのだが、同時 期にやはり同じLAを拠点にしていたグループがあった。それが、あの“ヴァン・ヘイ レン”だったのである。こちらの方は、ワーナー・ブラザーズとワールドワイドの契 約を交わし、あっという間にトップ・グループの仲間入りを果たしたのだった。一方 のクワイエット・ライオットはセカンド・アルバムを(これまた日本のみ)発表する ものの『暴動に明日はない』というとんでもない邦題も災いして、本当に明日が無く なってしまったのである。(この頃のrandy rhoads  ギターは意識的にポップ色の強いス タイルでプレイしている為、特筆すべきものは殆ど無いと言って良いだろう…)

それから暫くランディは、母の音楽学校でギターの講師をしていたのだが、ちょうど その頃に“ブラック・サバス”を脱退したオジー・オズボーンがギタリストを探して いる事を知り、母親や友人の勧めもあり、オーディションを受ける事にしたのだっ た。だが、randy rhoadsは自信など全く無く、オーディションも受かる訳が無いと思って いたのだった。そしてランディは、ギターと小さなアンプを抱えオーディションに出 かけたのだった。

一見 ミスマッチとも思える両者なのだが、二人が創造した世界は“静と動”“白と黒” “善と悪”“天使と悪魔”が同居する激しくも美しい旋律を擁する世界なのであっ た。そして遂に1980年9月にオジーにとっても、又、ランディにとっても再デビュー となったアルバム『ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説~』がリリースさ れたのだった。
 
 
当社はrandy rhoads ガ使ったギターを加工することができますので、お客様はギターを買う感覚があれば、ご遠慮なく、ご連絡ください。randy rhoads ギターについてのことを知りたい場合に、ぜひご連絡ください。ずっとお待ちしております。
 

 

前 : ランディラーズ ギター
次 : 布袋寅泰ギター機材mv-480ht