ホーム > ブログ > ダブルネック sgについてのこと

ミュージックマンすべて

ギターボディ仕上げすべて

日本ミュージックマンすべて

カスタムモデルすべて

スタイルすべて

左手利き用ギターすべて

ダブルネック sgについてのこと

ギブソン ESD-1275は1962年にギブソンから販売された、sgのデザインをベースにした、6弦のと同12弦のダブルネック・タイプのエレクトリックギターです。

元々は1958年頃からごく少数が特注で製作された、同社のフルアコースティックタイプのエレクトリックギターES-175のダブルネックカスタムモデルを「EDS-1275」と呼んでいました。これは、世界初の12弦ネックを持ったエレクトリックギターでもあります。6弦や12弦のほかに、極めて稀少ながら6弦とマンドリンという組み合わせも存在しました。その後、1961年にギブソン・レス・ポールがSGへとモデルチェンジしたことを受け、翌1962年より現在まで続くSGベースのボディギターとして、受注生産という形で生産されることになります。
EDS-1275にはダブルネック sgともいいます。実は、2種類のボディ仕様はあります。以下に便宜上その2タイプをA,Bとして話を進めましょう。大きな相違点は12弦側のヘッドの長さで、その長さはAタイプとBタイプのペグの配置間隔が違うことに由来します。
 
当社はダブルネック sgを加工することが出来ますので、お客様がダブルネック sgを買う感覚があれば、ご遠慮なく、ご連絡ください。当社のダブルネック sgは品質がいいし、価格が手頃だし、お客様のいい選択となれます。千年にあったイチャンスとは擦れ違わないようにお願い申し上げます。お問い合わせをずっとお待ちしております。

前 : マルチネック・ギターについてのこと
次 : 布袋寅泰ギター機材mv-480ht