ホーム > ブログ > ギター ダブルネックについて

ミュージックマンすべて

ギターボディ仕上げすべて

日本ミュージックマンすべて

カスタムモデルすべて

スタイルすべて

左手利き用ギターすべて

ギター ダブルネックについて

暫く、2本のネックがあるギターはギター ダブルネックといいます。ギターダブルネックと言えば、ギブソンのSGが、イーグルスやレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジで有名だけど。ギター ダブルネックには普段はめったに見かけませんが、1つのボディに2つのネックが付いているギターです。


ダブルネックとかツインネックと呼ばれるギターですが、初めて見たときは「何じゃこりゃ」と正直思いました。存在意義といいますか、なんでこんなもの作ったの?としか思えなかったんですね。ギター ダブルネックは、エレクトリックギターが一般化する遥か以前に存在していました。知っているように、1936年にギブソン社から「L-10」(PU無しの所謂ジャズギター)のギターとテナーギター」のダブルネックカスタムオーダーなら存在しています。

ギブソン社が「ギター ダブルネックはうちが元祖。」とアピールしていない点から、おそらくされ以前に既に存在していたと思われます。種類については前記の物のほかに「12弦と6弦」、「6弦とベース」「6弦とマンドリン」、変わったところでは「ベースとマンドリン」など様々なバリエーションがあります。


当社はギター ダブルネックを加工することが出来ますので、お客様がギター ダブルネックを買う感覚があれば、ご遠慮なく、ご連絡ください。当社のギター ダブルネックは品質がいいし、価格が手頃だし、お客様のいい選択となれます。千年に会ったいいチャンスとは擦れ違わないようにお願い申し上げます。お問い合わせをずっとお待ちしております。


 

前 :  ギブソン ダブルネックについてのこと
次 : 布袋寅泰ギター機材mv-480ht