ホーム > ブログ > レリック ギター

ミュージックマンすべて

ギターボディ仕上げすべて

日本ミュージックマンすべて

カスタムモデルすべて

スタイルすべて

左手利き用ギターすべて

レリック ギター

ギターが好きな人にはレリック ギターを使う経験がありますか。その感覚がどうでしょうか。そのギターは古くて、ピックアップも黄ばみ、ボディも傷があります。とても味が有ってすごく欲しいなと思ってます!昔はレリック ギターなんか汚いと思ってましたが、、、最近は値段を問わずに本当の使い古したギターには味が出ると思いはじめました!でも!レリック ギター加工は最高技術がかかります。本当の使い古しは最高!
レリック ギターについて皆さんはどう思われますか? あの見た目は渋くていいなとは思います
使っているうちに塗装が禿げてきたら塗り直す気は無いです。
いつもレリックやレリック ギターなどと言う言葉の意味は何でしょうかと聞かれるかもしれません。Fenderの登録商標だと答える人があるかもね。またはレリックと言う意味はリイシューと違います。レリックギターは同じです。レリック加工は確かに基本的にリイシューモデルに施されますが、その中核は1960年代を中心とする過去のモデルを新品状態のまま複刻下モデルです。

または、レリック加工のリイシューモデルは現在している特定のビンテージギターのレプリカではありません。レリック ギター加工の見本と鳴ったギターはフェンダー社内やコレクター所有のギターですがそれらの見本をそのまま複刻しているわけではないということです。

大袈裟ではなく、当社のレリック ギターは品質がいいし、価格が手頃だし、お客様のいい選択になっていると思っています。お客様がレリック ギターを買う感覚があれば、ご遠慮なく、ご連絡ください。千年に合ったいいチャンスとは擦れ違わないようにお願い申し上げます。お問い合わせをずっとお待ちしております。

 

前 : fender カスタムショップ
次 : 布袋寅泰ギター機材mv-480ht