ホーム > ブログ > ストラト カスタム

ミュージックマンすべて

ギターボディ仕上げすべて

日本ミュージックマンすべて

カスタムモデルすべて

スタイルすべて

左手利き用ギターすべて

ストラト カスタム

ストラト カスタムはフェンダー社が1954年から発表を行っているエレクトリックギターの機種です。同社社長のレオフェンダーらによって開発されました。ギブソン社のレスポールモデルと並ぶエレクトリックギターの代表的な存在で、現在はフェンダー社の二つのブランドから販売されています

 

ストラト カスタムの基本構造は同じフェンダー社のテレキャスターを発展させたものといえます。従来のギターはボディとネックをニカワなどで接着して製造されていたが、テレキャスターは両者を木ねじで結合すると言う大胆名設計になっており(ボルトオンネック)、大量生産を可能にしました。ボディは無垢の厚い木材から削りだされたもので、内部に共鳴部の無い構造です。ボディに共鳴部がないため、大音量で演奏してもハウリングを起こしづらいです。ボディとネックか角度を持たずに接合されており、ヘッドとネックも角度を持たずに成形されています。

 

ストラト カスタムはそれらテレキャスターカスタムの構造をほぼそのまま受け継いで上で、更に簡略化が図られていました。具体的には、ピックアップやボリュームやスイッチやジャックと言った電装部品を樹脂製のピックガードに取り付け、これをボディ表面に木螺子で固定すると言う方式の採用です。そのために、ボディやネックの加工と電装部品の配線をそれぞれ別工程にすることが可能になり、後年のコンポーネントギターは登場への道を開くことにもなっていました。

 

当社はストラト カスタムをすることが出来ますので、お客様がストラト カスタムを買う感覚があれば、ご遠慮なく、ご連絡ください。当社のストラト カスタムは品質がいいし、価格が手頃だし、お客様のいい選択となれます。千年に合ったいいチャンスとは擦れ違わないようにお願い申し上げます。お問い合わせをずっとお待ちしております。

 

 

前 :  ストラト レリック
次 : 布袋寅泰ギター機材mv-480ht