ホーム > ブログ > fatギターについて

ミュージックマンすべて

ギターボディ仕上げすべて

日本ミュージックマンすべて

カスタムモデルすべて

スタイルすべて

左手利き用ギターすべて

fatギターについて

 fatギター・ベースのリペア・調整・モデファイ楽器のリペア・モデファイを行っております。楽器のリペア・モデファイを行っております。モデファイはプロ・アマ問わず多数のご依頼を頂いております。またfatギター.shopではビンテージコンデンサーの販売も行っておりますので是非ご覧頂ければと思います。

fatギターはセミアコースティック ギターのカテゴリーに入ります。fatギターのモデルに共通して言えることは、その名の示す通り 『ファット トーン』を追求した開発ポリシーに尽きます。『ファット トーン』と一言出言っても様々なイメージが浮かびます。fatギターには図太く、ワイルドな Rock & Roll サウンドを弾き出すスペックを盛り込みました。タイトな中低域を持つソリッドな音を実現したオーバーサイズのセンターブロック。不必要なフィードバックを抑えるためにボディートップにはFホールを開けていません。ファットなサウンドに欠かせないヘビーゲージ弦にも対応できるよう、ネックはハードメイプルとマホガニーの5プライ構造です。やや太めのネックグリップと相まって、ネックの強度や安定性だけでなくサスティーンやトーンを決定する大きな要因にもなっています。選択されたジャンボフレットもプレイヤビリティーの向上はもちろんファットなトーンには欠かせないスペックとなっています。

ハードウェアーのチョイスにもサウンドメイキングが十分に意識されています。マシンヘッドには正確なチューニングを約束する Grover社の GH-102GD を採用。ブリッジは T-O-Mタイプながらスタッドやサドルをタイトに固定できるシステムが使われています。ローラー式のサドルもチューニングの安定に欠かせないアイテムです。

fatギターのギター、ベースには全て専用のエナメル生地のギグバッグが付属しています。fatギター には赤地に黒色のポケット、ストラップが付いています。

 

当社はfatギターを加工することが出来ますので、お客様がfatギターを買う感覚があればご遠慮なく、ご連絡ください。千年に合ったいいチャンスとは擦れ違わないようにお願い申し上げます。お問い合わせをずっとお待ちしております。

前 : ギター レリック 方法
次 : 布袋寅泰ギター機材mv-480ht