ホーム > ブログ > レリック ギターについてのこと

ミュージックマンすべて

ギターボディ仕上げすべて

日本ミュージックマンすべて

カスタムモデルすべて

スタイルすべて

左手利き用ギターすべて

レリック ギターについてのこと

レリックギターというと傷だらけでボロボロの車を見てもカッコよく見えないのに使い古されて、ボロボロのギターを見るとカッコよく見えるのはなぜですか。

ギターにレリックと言う呼び名のものがあります。メーカー名や形を意味する言葉ではなく、使用済みのような加工を施したギターに対して言う名称です。

 

ユーズド加工のジーンズなどとよく似ている感じでしょうか。要はあえて、擦れる部分などの塗装をはがしたり、傷を作ったりして使い込んだ年代物のように見せかけたものです。「同じ音を出したいから」っとピックアップや材料や仕様が一緒なのはまったく問題がないが、傷まで一緒となると話はまったく違ってきます。同じ傷があるということは、別な傷が付けられないです。スティーヴィー・レイ・ヴォーンを始め、現代の三大ギタリストであるジョン・フルシアンテ、ジョン。メイヤーは持つトップギタリストの象徴といっても過言でないレリックギターです。

私の認識だと、レリックギターを持っているギタリストは間違いなく上手です。更にレリックガまさに歴戦に傷のように思えます。共にステージで戦ってきた相棒を抱える姿は本とにかっこいいです。

 

当社はレリックギタ-を作ることが出来ますので、ほかに品質がいいし、価格が手頃だし、お客様がレリックギターを買う感覚があれば、ご遠慮なく、ご連絡ください。千年に合ったいいチャンスとは擦れ違わないようにお願い申し上げます。お問い合わせをずっとお待ちしております。

前 : レリック加工 ギターについて
次 : 布袋寅泰ギター機材mv-480ht