ホーム > ブログ > [ギブソン レスポール 59]

ミュージックマンすべて

ギターボディ仕上げすべて

日本ミュージックマンすべて

カスタムモデルすべて

スタイルすべて

左手利き用ギターすべて

[ギブソン レスポール 59]

 [ギブソン レスポール 59]は世界中で現在するのは数百本くらいでしょうから、見る機会も極端にすぐないでしょう。後楽器フェア会場でヴィンテージショップのブースは並ぶ中で、[58年製 レスポール] [ギブソン レスポール 59] [60年製 レスポール]と並べて展示している店があるのを見たことがあります。


ある雑誌にフルオリジナル状態が載せました。価格は25000000円だそうです。
Jimi Hendrix が Woodstock Festival(1968)で使ったStratoは、 
1993年に130万ドルで持ち主が変わりました。
Eric Claptonの“Blackie”も高値で売買されましたよね。

1959年製のLes Paul Standardもそうですが、
こうした高額ギターは、楽器店の店先やインターネットでは売られません。
それらは「中古」品ではなく、文化遺産のように扱われます。
もしも、日常的な空間で、[ギブソン レスポール 59]を見かけたら、
それはジャンクか、模造品だと思った方がいい。

オリジナルのレスポールは1952年ン発売は開始され(普段。間違ってたらごめん)1958年に今と同じような仕様に変わりまして、1958年から1960年まで二発売された機種までをさします。(普段。それ以降に発売されているレスポールはいわゆる複刻品。リイシューってやつです。 間違ってたらごめん。詳しくはないのです。)

写真や映像なんかで多分一度は見たことであるであろうギターなのですが、ギブソンと言うのは元々高価なメーカーなのに加えて、その58年―60年に発売されていたレスポールは、現在ではワシントン条約で使えなくなった気を使って作ってるだとは、根本的に生産本数が少ないだとか、諸理由とその珍しい価値から現在は、とんでもない額がツテルみたいです。
[ギブソン レスポール 59]は本当に音よいんです。後、50年代初期型の改造レスオールもかなりよかったんです、値段が確かに100万円前後。

当社は[ギブソン レスポール 59]を加工することが出来ますので、お客様が
[ギブソン レスポール 59]を買う感覚があれば、ご遠慮なく、ご連絡ください。
千年に合ったいいチャンスとは擦れ違わないように、お願い申し上げます。
 

前 : [59年製 レスポール]
次 : 布袋寅泰ギター機材mv-480ht