ホーム > ブログ > フランケンシュタイン ギターについて

ミュージックマンすべて

ギターボディ仕上げすべて

日本ミュージックマンすべて

カスタムモデルすべて

スタイルすべて

左手利き用ギターすべて

フランケンシュタイン ギターについて

エディの ”フランケンシュタイン” がスミソニアン博物館入り
なんと、半ば伝説と化したギター ”フランケンシュタイン” が、バーチャファイターの資料やエノラ・ゲイなどで有名なスミソニアン博物館に収蔵されることになりました。
 
収蔵されるのはオリジナルではなくてレプリカだそうです。オリジナルは30年も使って痛みが激しいので現役から引退させ、それを元にフェンダーのクラフトマン「チップ・エリス」が作ったのがいわゆる”Frank 2”ということです。
ギターに革命をもたらして音楽の歴史に残る偉人になったエディですが、その相棒もアメリカの歴史に永く刻まれることになりました。

Eddie Van Halenはフランケンシュタインで知られる手作りギターで1978年にロックシュージックシーンで爆発的人気を博しました。「その頃、自分が必要としているギターは存在しなかった、だからそれを可能にするギターを自分で作った。」と彼はいいました。その頃30年間、彼は楽器についてのあらゆることを研究、改善ぢ続けています。彼にとってはとても個人的なこと、そこからヴォルフガングは誕生しました。。「ギターはプレイヤー自身の延長」と彼は言いました。「感情的にも精神的にも自身と楽器が繋がっていなければいけない。まるで自分の家で自分のギターを作っているようでした。なぜギターを作るかと言うと多くの人が俺と同じギターをほしがるから。そうだな、入手で切る、俺が使っている物とまったく同じものが。このギターの全てを作り変えました。だからこんなに時間が掛かったの」
当社は全てのヴァン・ヘイレンを加工することが出来ますので、お客様がヴァン・ヘイレンのギターを買う感覚があれば、ご遠慮なく、ご連絡ください。千年に合ったいいチャンスとは擦れ違わないようにお願いいたします。お問い合わせをずっとお待ちしております。

前 : evhギターズ
次 : 布袋寅泰ギター機材mv-480ht